絞り込んだテキストで学習の効率化を!

よいテキストを選ぼう ~通信講座のテキストはここがスゴイ!~

市販のテキストに比べ、通信講座や通学講座など、資格試験のプロが編集した講座用テキストはどのような違いがあるのでしょうか。
そこには、短期間で効率よく合格を勝ち取る秘密が隠されているのです。

社会保険労務士試験の試験範囲は、労働・社会保険関係の8つの法律に、関連する一般常識や最新の白書など、とてつもなく膨大な範囲に及んでいます。
それらの項目をすべて頭に入れることなど、何年かかっても無理というもの。
社労士試験を勝ち抜くポイントは、いかにして多くの情報の中から出題されやすい項目だけに絞り込んで頭に叩き込むか、“情報の取捨選択”作業が正確に行えるかどうかにあります。
この作業は、社労士試験の過去の本試験問題について研究し、出題傾向を知り尽くしていないとできないもので、受験者が独学で行うとなると膨大な時間を費やしてしまうことになるでしょう。
市販のテキストでは、この取捨選択作業が細部まで行われていないものが多く、何も知らずに市販のテキストを手にとってしまった受験者は、膨大な情報を闇雲に暗記していくという無茶な学習方法で試験に臨まなくてはならなくなるワケです。

その点、通信講座や通学講座などのプロが作ったテキストは、まったく違っています。これらのテキストの多くは、出題範囲の中から、よく出題される項目とそれほど出題されない項目とをきちんと選別し、頻出項目だけに絞り込んで作られています。そもそも資格試験は、大学受験のように合格者の定員が決まっている試験ではありませんので、満点を狙う必要はなく、ギリギリであっても合格基準点さえ取れればそれでよいのでしょう?
このようなテキストを使って学習していれば、突飛な問題には対応できないかもしれませんが、合格点は十分狙えるのです。
よく出題される項目だけに絞り込まれたテキストは、かなり情報量が抑えられているので、何度も繰り返し反復学習しやすいものになっていますし、これを確実に頭に叩き込めば、ぐっと合格が近づくことになるのです。
通信講座のテキストは、敢えて内容を絞り込むことで、受講生の負担を減らし、できるだけ確実に得点できるように作られているのです。

次のページ >>

>>いま最も充実した社会保険労務士の教材なら