膨大な範囲から出題される難関試験! 万全の対策を

社労士試験の基本情報を知ろう

社会保険労務士試験は、労働・社会保険関係の8つの法律と、それに関連する一般常識などから出題される難関試験。合格するためには1000~1200時間の学習時間が必要だと言われています。
この難関をクリアするために、まずは試験の基本情報からチェックしてみましょう。すでにご存知の方も、念のためもう一度確認することをオススメします。

社会保険労務士試験の基本情報

●受験資格
学歴や実務経験、ほかの国家資格に合格していることなどの条件の中から、いずれかひとつに該当している必要があります。

  • 大学の一般教養科目修了者、短大・高専の卒業者
  • 公務員で労働社会保険諸法令の事務に従事した期間が通算して3年以上、または行政事務に3年以上従事した者、民間企業や労働組合等で労務担当や労働社会保険諸法令の事務に通算3年以上従事した者
  • 行政書士、司法試験2次試験、税理士試験、弁理士試験、公認会計士試験等の試験に合格し一定の資格を持っている者

●試験科目
労働・社会保険関連の8つの法律と一般常識で、あわせて8科目出題されます。

  • 労働基準法および労働安全衛生法
  • 労働者災害補償保険法
  • 雇用保険法
  • 労働保険の保険料の徴収等に関する法律
  • 健康保険法
  • 国民年金法
  • 厚生年金保険法
  • 労務管理その他の労働および社会保険に関する一般常識

●試験の形式
試験は午前と午後に分けて行われます。午前は20個の語群の中から適切な語句を選んで穴埋めする選択式試験(40問80分)、午後は5つの文章の中から正しいものをひとつ選択する択一式試験(70問210分)となっています。

●合格基準
選択式試験、択一式試験ともに、総得点と科目別得点のふたつの条件を満たすことで合格とみなされます。合格基準点は試験の内容などを加味して、毎年決定されます。

※平成21年度の合格基準の例

  • 選択式試験は、総得点25点以上かつ各科目3点以上(ただし、労働基準法および労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、厚生年金保険法は2点以上)である者
  • 択一式試験は、総得点44点以上かつ各科目4点以上である者

次のページ >>

>>いま最も充実した社会保険労務士の教材なら