高収入or安定収入 あなたはどちらを選ぶ?

社労士資格があなたに与えてくれるもの

社会保険労務士試験という難関を乗り越えて、めでたく資格を手に入れた暁には、あなたの人生にどのような道が開かれていくのでしょう。
キーワードは、「高収入or安定収入」です。

社労士の資格を取得すると、この資格を活かして働く道は二つに分かれます。
ひとつは企業の人事部や総務部に在籍しながら働く“勤務社労士”という方法。
もうひとつが、独立し自らの事務所を開業して働く“開業社労士”という道です。

大きな企業の場合は、社員の社会保険などの手続きは社内で社労士資格を持っている人(勤務社労士)が行いますから、この資格を持っていると企業内で有利であるのはもちろん、就職や転職の際にも大きな武器となるでしょう。大きな企業の人事部などで安定した仕事と安定した収入を得たいと思っている人には、この社労士という資格はかなり有効であると言えます。
そして、中小規模の企業の場合は、社内に有資格者がいないことが多いので、社外の社労士(開業社労士)と契約を結んで人事・労務関係の書類作成や社会保険の手続きを委託することになります。
開業者労使は、会社に縛られずに自由に仕事ができて、自分の営業力次第では高収入を狙うことも可能です。
長期間の安定した収入を望むならば、企業に勤務しながらこの資格を活かしていくという道を選択すればよいですし、「何が何でも年収1000万円稼ぐぞ!」という人は、独立開業してバリバリ営業する道を選べばよいというワケです。

社労士の資格を取得すると、このように働き方を好みに合わせて選ぶことができる点が魅力。当然のことながら、資格を取得しただけですぐに高収入や安定収入に繋がるという保障はありませんが、それだけの大きな資格という切り札を持っていることは、社会人としてかなり有利なのではないでしょうか。

次のページ >>

>>いま最も充実した社会保険労務士の教材なら