社労士試験・合格を目指す、すべてのみなさんへ

はじめに

あなたは、どのような理由から社会保険労務士の資格取得を目指しているのですか?
「現在の仕事に必要だから」とか、「将来的に独立したい」とか。
理由はさまざまあると思いますが、一番大切なのは、資格を取ろうと志した瞬間のモチベーションを最後まで維持し続けられるかどうか、だと思います。
社労士試験は、労働や社会保険に関する難解な法律から出題され、しかも出題範囲が膨大。短期間の学習ではなかなか合格できない難関試験です。
合格するのが難しいといわれる試験に、挫折せずに挑み続けるための唯一の原動力となるのは、「絶対に合格するぞ!」という強い思いと試験勉強を続けていくモチベーションなのです。

しかし、いくら強い意志を持ち続けていたとしても、その勉強法が非効率でなかなか合格できず、試験勉強を何年間も続けなければならない事態に陥ったとしたら…。社労士試験は、その難しさゆえに途中で挫折してしまう受験者が多い試験であるとも言われているのです。
そこで、せっかく高い志を持って難関試験にチャレンジしているのに、志半ばで勉強をやめてしまう残念な受験者が少しでもなくなるよう、効率よく学習できて短期間で合格を目指す、理想的な教材を選ぶ方法を伝授したいと思います。

ふと手に取った一冊のテキストが、試験の合否を左右するのはもちろん、ひいてはあなたの将来をも左右することになるかもしれません。
法律という難しいハードルを少しでも下げ、読む人の理解を少しでも深めるように工夫されたテキストは、短期間で確実にあなたを合格へと導いてくれるでしょう。

さあ、理想的な教材を手に、社労士試験合格への道を着実に歩んでいきましょう!

次のページ >>

>>いま最も充実した社会保険労務士の教材なら